L100629n05.txt

ff5ec096.png


とうとう崩れてしまった。

午前中は今日も小幅な揉み合いかと見ていたが、今朝の日経の記事が気になっていた。

日本の輸出企業のユーロが溜まっているという記事。

それで為替も注意していたが徐々にユーロ安傾向。

その割にはVAの上限を越えて推移しているので揉み合い症状は続くと見ていたが。

後場から一転、IRを下にブレイク。

円高の加速で一気に下へ動いた。

前場堅調であったが、昨日も書いたように6月SQの節が上値抵抗として働いており、小動きながら昼から下に向かうと読んでいたのだが、円高が進むとは。

また、しばらくは為替動向がカギを握りそうで9500円を意識したものとなりそうだ。

夕場始まったばかりであるが、円高は進んでおり現在9510円。

割れるかな?