L101020n05.txt

99723f60.png


中国のサプライズ的な利上げから景気減速感が台頭。

NYが大幅安で返ってきた。

下へギャップを開け、また25MAも下回って始まった。

基準線辺りでの寄り付きであり9370円位に75MAなどもあり寄り底かなと静観していたら下へ動き出した。

25MA-σも割り込み9310円安値まで一気に下げた。

さすがに雲上限(9300円)で踏みとどまったがかなりきつい下げだった。

前引けにかけIR中値まで戻し、昼からは基準線を挟んだ攻防。

一時9400円を回復したが25MA(9460円)までは戻せなかった。


とうとう保ち合いのレンジ(9400-9600円)を割り込んでしまった。

外部環境と為替が落ち着いていれば窓埋めになると思うが、その後は危ういかも。

米の金融緩和も期待が膨らみすぎており実際にはどうなるか定かでなくなってきたようだ。

9500円が上値抵抗になってこなければ良いのだが?