L101021n05.txt

96dbae12.png


窓は埋めたものの幻の窓埋めかも?

中国の利上げの割には海外が堅調。

それを受けてVA上限を上回り窓を埋めに行く態勢から始まった。

しかし弱い、寄り天の形でVA内に押し戻されVA内での揉み合いに入った。

10:20頃ガイトナー発言の報道で、突如為替が大きく円安方向に動いたのを機に上へ。

VA上限を再びブレイク、窓を埋めきるところまで上昇した。

発言の信憑性からか徐々に円高へ。

後場は再びVA内に戻され始まる。

結局、VA内での揉み合いに逆戻り。

ガイトナー発言がなければ上に大きなテールを残したVA内での小動きであった。


窓は埋めたものの自力ではない達成。

9370円辺りは75MA、25MA-σ、13週MAが密集しており揉み合うのは当然。

9300円には雲があり、9400円との狭いレンジでの膠着が続きそうな気配とみる。

突然の動きも困るが、膠着は退屈でどうにかしてほしいものである。