L101230n05.txt

1cd0aca1.png
  c3b95a46.png


さすがに81円台半ばとなると下押し圧力は強くなった。

VA下限付近から始まり意外と強いので、大納会は上げて終わるかとも思ったが陰線引け。

引け値で25MA+σ(10250円)は下回ったが、転換線付近でありまた週足雲下限付近でもあり一応土俵際で踏ん張った感じだった。

しかし年足では陰線引けで、この1年を象徴するかの如く嫌な形で終わってしまった。

ロングプロファイルからは、まだ揉み合いの域を下抜けした感じではなく上昇途中の足踏みのように見える。

高かった騰落レシオを下げるための日柄待ちのような感じではあるが、来年明けてからの為替が気になるところだ。

この12月は小動きが続きほとんどトレードしていない状態であったので、新年こそもう少し動いてほしいと願うばかりである。

来年は卯年、兎のように飛び跳ねる年になることを祈って締めくくりとしたい。

では、また来年もよろしくお願いいたします。