2011/10/27 225先物データ(期近)

5分足 : L111027n05.txt

マーケットプロファイル
d18747fd.png


朝方はVA上限を挟んでの揉み合いであったが、EU包括会議の結果が伝わるに連れユーロ円が上昇。

上にIRブレイク後、上げ足を早め久々のダブルディストリ形状に。

引けにかけて8900円手前で揉み合ったが、最終的には8900円台を回復して引けた。

何とか欧州の方向性が見いだされたようだが、ここから先どこまで上げるのか?

8950円辺りが25MA+2σ、勢いからすると9000円台回復は出来ると思うが9060円処に75MAがあり、ここらがメドかな。

雲上限が9350円、下限が8720円。

雲をこのままスンナリ上抜けるはずはないし、今度は雲の中での揉み合いが続くのでは?

11月に入ると雲を抜けきれなかったところにHFの解約月が重なり、再度下に振れるのではなかろうか?

何れにしろ値幅が大きくなってきたことは大歓迎。

このままボラが大きくなることを切に願うばかりである。