2012/04/27 225先物データ(期近)

5分足 : L120427n05.txt

マーケットプロファイル(右側はロングプロファイル)
3be7f6c4.png
  8302700a.png


今日は待ちに待った日銀決定会合の発表日。

VA内から始まり、寄り付きから発表までの揉み合い症状。

その後、9570円を挟んで小康状態が続いた。

12:30頃結果が出て、サプライズもないことから一瞬9520円まで下押したがすぐに上げに転じた。

VA上限をブレイクし、ターゲットをも飛び越え9700円まで値を伸ばしたが、そこからまた反転。

ここから売られた。

この間、為替も円安から円高方向にというより株価が為替に追随した形。

今度はVA下限を割り込み、一時9460円まで下げたがここからまた反転して引けは9500円。

慌ただしい動きの1日となった。

久々に極値形成、これで転換点を迎えたと見るが果たしてどちらへの転換?

ロングプロファイルを見ると、9400-9700円のこれまでの揉み合いレンジを脱しきっておらず中値の9560円がMODEとなっている。

がっぷり四つの揉み合いといったろところ。

GW中の立ち会いは2日だけで、これを除いてGW明けはどうなるのでしょうか?

結局は為替動向といったことになると思うが、円ショートが溜まっているということなので円高方向に振れるのかな?

騰落レシオもいい水準まで下げてきているので、下に行ったとしてもそれほどの下げになるとは思わないが、かといって、上にも行き辛く、またまたこのレベルでの揉み合い続行となるのかな。

まあ、9400円を割ってから先のことを考えることにします。