今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2010年08月

L100824n05.txt

2e2b37bd.png


米経済の鈍化が顕著になってきた。NYも続落。

また、ユーロが再度危うくなってきた。

おかげでドル円・ユーロ円ともに円高へ。

寄りから年初来安値を更新し、9000円の攻防。

とうとう9000円を割って引けた。

何回とTryし跳ね返していた9000円の心理的サポートをジワジワとブレイクしたことは、ここがサポートからレジスタンスに変わる可能性を示唆している。

この辺りでの揉み合いが続くのではと思うのだが、政府・日銀の政策がみえないまま円の先高観だけが台頭している。

週足雲下限も割り込み、日足の各MAもきれいなダウントレンドを描いており、明らかに下に向かう準備は整ったといえるのではなかろうか。

L100823n05.txt

03fac1a8.png


政府・日銀の政策会合も電話会談だけに終わったようだ。

その結果からか円のジリ高歩調。

しかし、意外と底堅く9100円割れには買いが入っていた模様。PKO?

上はVA下限まで。

結局、上も押さえられ狭い範囲の揉み合いに終始した。

トレンドもないのでどちらに行くかサッパリの状態。

ここで一気に円高に振れるようだと9000円割れも考えられるがどうなるでしょうか。

L100820n05.txt

28516098.png
   62c6f2fa.png


米の景気悪化懸念からNYは大幅安。

それを受けてVA下限を割って始まる。

しかし、ここ数日の堅調さからVA上限まで戻す。

VA上限は25MA-σの水準。戻してもここまで。

前引けにかけて徐々に下へ。

後場は8月SQ値(9188円)の攻防。

結局、8月SQ値は守りきれず今日の安値付近で引けた。

相変わらず難しい相場は続く。

政府・日銀の景気対策へのリップサービスも利かず実行待つのみ。

ロングプロファイルからも、先週のDでテールを残しているがあまり信憑性のない短いテール。

トレンドもなくこの辺りでの値固めという感じではあるが、ここから上か下へ振れてきそうな予感。

やはり下と見るのが妥当と思われるが、為替次第か。

L100819n05.txt

cfa9fc7b.png


VA中央付近で寄り付く。

VA上限をサポートに堅調に推移。

日銀の臨時決定会合開催の噂が引け前に出て上値追いに。

後場も前場の流れを受けての動きとなった。

しかし、決定会合の可能性は低いとの事から一時押される。

引けにかけては再び上、ほぼ高値引けに終わった。

政府・日銀の政策会合が開かれるまでは強い動きとなるのでは。

為替は95円台で落ち着き、円安への動きはなさそう。

追加策の決定後、材料出尽くしで反落というパターンかな?

L100818n05.txt

0bfd680b.png


米国の落ち着きを受け反発。

VA上限を上回って始まったものの、上は25MA-σまで。

一時、VA内に突っ込むも8月SQ値及びVA上限が意識され切り返す。

五陽連が噂されていたが、後わずかで達成できず。

まあ、揉み合いの中での4日連続陽線だったので今日の陰線もあまり気にするものでもないと思うが。

まだ為替の動きには敏感に反応しそうで様子見の相場は続きそうですね。

政府・日銀の動きがどのように出るかも気がかりではあるし。

↑このページのトップヘ