今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2010年10月

L101022n05.txt

33bd52d6.png
  a40638f7.png


今日は酷かった。

1日の値幅が70円。

どうしようもない。

終日、VA上限を挟んでの揉み合い。

上は25MA、下は75MAどちらにも届かずの膠着も甚だしい。

ロングプロファイルも直近5週で9300-9700円のレンジ内での膠着。

毎週Upしているロングプロファイルは画面1枚に納まりきらないのでキャプチャーした画像を複数枚つないで1枚にしているのだが、今回は初めて画面1枚に納まった。程の値動きの乏しさ。

いつまでこの膠着相場は続くのでしょうか?

G20明けの来週は多少マシになるかな。

こういうときはプロファイルの両端に来たら逆張りすれば取れると思うのだが、値幅が小さく面白みがないし。

まあ、焦らずに動き出すのを待つとするか。

L101021n05.txt

96dbae12.png


窓は埋めたものの幻の窓埋めかも?

中国の利上げの割には海外が堅調。

それを受けてVA上限を上回り窓を埋めに行く態勢から始まった。

しかし弱い、寄り天の形でVA内に押し戻されVA内での揉み合いに入った。

10:20頃ガイトナー発言の報道で、突如為替が大きく円安方向に動いたのを機に上へ。

VA上限を再びブレイク、窓を埋めきるところまで上昇した。

発言の信憑性からか徐々に円高へ。

後場は再びVA内に戻され始まる。

結局、VA内での揉み合いに逆戻り。

ガイトナー発言がなければ上に大きなテールを残したVA内での小動きであった。


窓は埋めたものの自力ではない達成。

9370円辺りは75MA、25MA-σ、13週MAが密集しており揉み合うのは当然。

9300円には雲があり、9400円との狭いレンジでの膠着が続きそうな気配とみる。

突然の動きも困るが、膠着は退屈でどうにかしてほしいものである。

L101020n05.txt

99723f60.png


中国のサプライズ的な利上げから景気減速感が台頭。

NYが大幅安で返ってきた。

下へギャップを開け、また25MAも下回って始まった。

基準線辺りでの寄り付きであり9370円位に75MAなどもあり寄り底かなと静観していたら下へ動き出した。

25MA-σも割り込み9310円安値まで一気に下げた。

さすがに雲上限(9300円)で踏みとどまったがかなりきつい下げだった。

前引けにかけIR中値まで戻し、昼からは基準線を挟んだ攻防。

一時9400円を回復したが25MA(9460円)までは戻せなかった。


とうとう保ち合いのレンジ(9400-9600円)を割り込んでしまった。

外部環境と為替が落ち着いていれば窓埋めになると思うが、その後は危ういかも。

米の金融緩和も期待が膨らみすぎており実際にはどうなるか定かでなくなってきたようだ。

9500円が上値抵抗になってこなければ良いのだが?

L101019n05.txt

1e039ed0.png


今日も昨日と同じような1日でした。

プロファイルを見れば分かるようにこの5日間、値幅200円の中での動き。

ここ3日間では100円値幅。

VAを意識した動きが続いています。

どちらに動くかは「神のみぞ知る」という感じになってきました。

しかし、こう動かないと退屈この上ない。

明日も同じような動きなのでしょうか?

L101018n05.txt

c32c6bc1.png


先週末に引き続いての膠着相場。

VA内から始まったので今日は寄り付きからあきらめた。

このような環境下でVA内から始まった時はまず終日揉み合うので。

前場こそVA上限を挟んで揉み合ったが、後場からはユーロ円も円高方向に動き出した。

VA内で揉みあった後引けにかけては軟調、VA下限で終わった。

下は9500円を割り込むと買いが入るのか堅そうですね。

上は9600円を抜け10月SQ値を超えてこないとどうにもならない感じです。

大きく動いた10月12日のレンジをどちらにブレイクしてくるのでしょうか?

今週の相場も難しそうです。

↑このページのトップヘ