今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2010年10月

L101015n05.txt

321a58c0.png
  4437adb1.png


LN時間では80円台に入ったが、NYからは昨日の水準で返ってきた。

しかし、円高傾向は続くと見られたのかVA下限レベルから始まり、終日このレベルを意識する相場となった。

円高への抵抗力は高まってきているようであり、下値も堅く急激な円高が無い限り底割れはないような感じである。

ロングプロファイルからもここ数週間の中値付近であり上・下どちらとも予測し難い。

雲の上で巡航中であるし、各テクニカル指標も中間付近でこの辺りで揉み合いが続きそうな気配である。

ボリバンも収束してきているので後しばらくしたら保ち合いを離れるとは思うがどちらにいくのかな?

世界的なジャブジャブ金余りから案外上離れとなるかもしれない。

L101014n05.txt

63eb94e2.png


円高が進み81円前半に。ユーロ円は円安気味。

NY高を受けてVA上限を上回って寄った。

その後5MA(9550円)をサポートに25MA+σを中値として揉み合った。

円高であるのに上値を試しに行った。

読めない相場が続いています。

日替わり的な動きとなるのでしょうか?

また10月SQ値(9692円)を試しに行って反落かな。

為替のドル売りポジションがかなり溜まっているようなので一時巻き戻しの可能性から上げてるのかも?

L101013n05.txt

abf1f515.png


円高は小康状態で81円台後半が続く。

それに併せたようにVA内から始まり終日VA内での落ち着いた動き。

引けにかけて下を試すもVA下限と25MA(9405円)にサポートされ底抜けはしなかった。

為替の動きを気にした相場は続きそうで、明日以降さらなる円高に進むかが焦点。

そうなれば25MAを下にブレイクしてきそうではあるが、25MAが上を向いている間は底堅いかな。

しかし、この近辺で揉み合いが続くようであれば25MAもフラットになってくるので徐々に下振れの展開か。

為替介入警戒感もあるので変な動きになる可能性もあり?

L101012n05.txt

eac32aa6.png


大崩れ。

寄り付きはVA内から始まり又も揉み合いになるのかと思いきや。

9600円を割ってからは一方的な下げに。

為替介入の思惑が剥げ落ちた感じでドル円も81円台に。

再び雲に突入し、25MAでの攻防となった。

25MAと75MAがGCしているところであり、25MAは上向き。

ここが正念場か。

明日以降、この地点を割り込んでくるようであればまた下落トレンドに逆戻り。

10月SQ値(9692円)にまだタッチすらしていないので、ここを超えるまでは買いは見送りでしょうね。

さらなる円高は確実なので下と見ておいた方が無難かな?

ドル円の日足を見ると、下向きの雲に抑えられてとても円安方向への気配はありません。

行くとこまで行ってこいです。

為替介入も今回はあまり期待しておりません。

80円割れまでは無いと思っているのですが、どうでしょう?

L101008n05.txt

d8cfac4c.png
  92e9edab.png


SQ値9692.73円。

為替は82円台前半で推移。

VA下限を割って始まる。

下圧力は強かったが、昨日同様円高には為替介入警戒感からか下は堅かった。

しかし、後場I時間帯に週末での手仕舞いからか9600円を割っての安値引けとなった。

結局、SQ値は一度もタッチしないで終わってしまった。

来週はSQ値目標の相場になると思うが、下は9550円を死守できるかが問題。

ちょうど、25MA+σの水準である。

ロングプロファイルを見ても9550円のところに小さな窓が残っているのでここを埋めてからの上昇か?

ここを割るとまた雲の中に入ってしまう。

円高傾向は続きそうなので9550-9750円位の小さなレンジでの揉み合い相場になってしまうのでは?

相変わらずの小動きが続きそうな予感がします。

↑このページのトップヘ