今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2010年11月

L101122n05.txt

053d658d.png


アイルランド問題は落ち着きユーロ円は円安に。

VA上限の上から始まるも明日が休日や、過熱感から様子見気分。

25MA+2σ(10060円)を大きく上回っていることから買うに買えず、かといって下はVA上限がサポートになって売るにも売れず。

終日、高値揉み合いが続いた。

週足雲下限が10200円処にあり上に被さっている。

しかし、薄い雲なので軽く抜けるとは思うが如何せん高値警戒感がありここから一段上は調整後か?

もしくはこの辺りでの揉み合いを続けての日柄調整が必要。

案外師走相場で一気に上を目指すかな。

L101119n05.txt

df12aedb.png
  9a311266.png


米株高を受けて高く始まり、VA上限を大きく上回って10140円で寄り付いた。

しかし25MA+2σ(9999円)を大幅に上回っており、また週間ベースでの上値ターゲット10110円を達成しているからか寄り天。

基調が強いので一進一退を繰り返し次第に下へ。

もしや昼から切り返すかとも思われたが、さすがにVA上限が9990円と25MA+2σに重なるところなのでこの辺りまでは行くと予想したが。

案の定、後場はIRを下にブレイクして始まった。

押し目買いも入っているのか明確な下げにはならないもののジワジワ下げる。

結局、昨日の窓埋めを果たす10020円までの下げとなり後は揉み合いで終わった。

終日下げ一方ではあったものの終値が25MA+2σを超えている状態なのでかなり強い状態であることは確か。

ロングプロファイルで見ると上に最小の極値が出現したが、11月SQ値(9813円)のところが下値サポートになるような大きな膨らみになっている。ここを割ったらこの上昇相場はおしまいかな。

200MAが9900円処。やはりここを一旦は試しに行くのでは?

それとも来週は出直しで6月22日に付けた10260円を目指すのでしょうか。

何れにしろ25MA+2σを超えても持続はないので+2σの位置に注意しながらのトレードになります。

L101118n05.txt

9e40716a.png


意外に早く大台乗せ達成。

VA上限の上から寄り付き、11月SQ値で揉み合った後揉み合いレンジを上に移動。

前場は9900円の攻防となった。

200MAで跳ね返され9900円割れで前引け。

今日はここまでかと思ったが、後場は予想外に強く9900円超えで始まった。

そこからは鰻登り200MAを難なくブレイク、25MA+2σが10000円大台近辺だったのでもしやと思ったが行ってしまった。

さすがに引けは大台を割ってしまったが強い。

昨日+σを試した後の切り返しで+2σまで上昇。

バンドは広がっているのでまだ上が望めるかも。

200MAを上回ったがまだ下を向いていると思われるので一旦はここまで調整か?

200MAを割らなければしばらくは上昇トレンド確定というところ。

しかし、売りの買い戻しで上げているようなので油断は禁物。

実需買いがどれだけ入っているかが分かればいいのだが。

L101117n05.txt

9df84e2f.png


海外安を受けて安く始まるも25MA+σ(9705円)まで。

ここを底に前場は9750円付近で揉み合った。

後場はIRをブレイクした後9800円付近での揉み合い。

引けは結局11月SQ値(9813円)を奪還して終わった。

昨日は上にブレ、今日は下にブレる。

上25MA+2σ、下は25MA+σ、中心値は11月SQ値。

このレンジがしばらく続くのかな。

円安傾向だけが支えのように思うが、再度円高に振れてきた時どうなるでしょうか?

L101116n05.txt

423eb00c.png


9900円を超えて高く始まった。

しかし、寄り天。

200MAが9920円付近、これに跳ね返された。

また25MA+2σが9890円付近、これを超えては過熱感高くVA中値まで押し戻された。

前場はVA上限の攻防。

後場は下値を試しに行くもVA下限をサポートに切り返した。

結局、11月SQ値(9813円)の攻防に。

SQ値が今日のMODEとなった。

今日はもしかして大台にタッチするかとも思われた出だしだったが、25MA+2σを上回ることは瞬間的にはあっても上をキープすることはよほどの強さがない限り無理。

まして、+2σの上に200MAが控えていただけに当然の売りが出てくるのは当たり前。

長いテールを作っただけに盛り返したものの結局ほぼ安値引け。

当面この付近での揉み合いか?

次回GDP予想がマイナス成長の予想もあるし、欧州不安の再燃で大台は危ういかも?

↑このページのトップヘ