今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2012年01月

2012/01/24 225先物データ(期近)

5分足 : L120124n05.txt

マーケットプロファイル
3bc2f2e6.png


強いですね。

しかし、またもや値幅の狭い揉み合いに戻ってしまった。

先高感があるけれども連日の25MA+3σ(8805円)付近ではそれ以上に買ってくる気配はなく、押し目待ちというところ。

騰落レシオも100を超えてきており、他オシレーターもまだ余裕はあるが高値領域に入ってきている。

週間IR確定、8740-8820円。

このレンジをブレイクした場合のターゲットは、上が8910円、下は8650円。

この8650円は、ちょうど雲上限ライン。

この辺りまでの押しは入ってもよさそうなのだが。

どこかの業者さん、もっと振ってくれ!

2012/01/23 225先物データ(期近)

5分足 : L120123n05.txt

マーケットプロファイル
701dc955.png


先週からの急な上げからか今日は8800円を前にして一服。

VA内からの始まり。

このパターンは揉み合いとなるケースが多いが、VA下限まで押した後に切り返した。

IRブレイク後、8800円を試したが買い上がる感じではなかった。

その後、VA上限での揉み合いが続きそのまま引けた。

25MA+3σ(8750円)を超えての推移だけに、過熱感は否めない。

今週は一旦25MA+2σ(8650円)辺りまでの調整はあってもおかしくないと思う。

25MA+2σに沿ってのジリ高基調で200MAを目指し目標9000円超と考えている。

但し、欧州に急変がなければの話だが。

2012/01/20 225先物データ(期近)

5分足 : L120120n05.txt

マーケットプロファイル(右側はロングプロファイル)
60e7bff6.png
  84bdcddd.png


ユーロ円が100円台に。

VAを上回って寄り付くも、25MA+3σの8700円を超えるとなるとさすがに急激すぎる。

一時8800円を伺うも8750円を中心とした高値での小動き揉み合いで1日を終わった。

ロングプロファイルにテールも現れず、まだ先高感がある状態。

なかなか超えることができなかった75MAどころか100MAも上向きに転ずることとなってきた。

しかし、ユーロの売り残が多い状態からポジション調整でのユーロ高。

これがいつまで続くことやら。

節分天井目指しての上げの後、また彼岸底という結果になりかねない。

当面、雲の上にいる限りは堅調な地合いであっても、まだ半信半疑な相場は続くと思うのだが?

2012/01/19 225先物データ(期近)

5分足 : L120119n05.txt

マーケットプロファイル
98490d21.png


NY市場は12500ドルを突破、ユーロ円も落ち着きを見せている。

VA上限から始まった。

下押す場面もなく週間ターゲット8630円をブレイクすると、雲をも突き抜ける。

さすがに25MA+3σ(8670円)にタッチすると、その後雲上限(8645円)レベルの揉み合いとなりそのまま引けた。

日足でのボリバンがスクイーズの状態から一気に広がりを見せる状態になってきた。

スクイーズの期間が長かっただけにしばらくは上値追いとなるかも?

しかし、これもユーロが落ち着いている間だけ。

寄付き前の外資系の注文状況は、今年になってから一度も買い越しがない。

今日も1000万株以上の売り越し。

それと、気になるのがバルチック海運指数で年明けからほぼ4割の下落。

他にも気になることはあるが、このまま上げトレンド継続となるのか???

2012/01/18 225先物データ(期近)

5分足 : L120118n05.txt

マーケットプロファイル
1b0a172b.png


欧州の落ち着きからユーロ円は高めに推移。

VA上限で始まり、VA中値(昨日のMODE)で踏ん張った後IRブレイク。

基準線(8495円)をブレイクした後は、一気に25MA+σ(8535円)をもブレイク。

ここは雲下限でもあり、雲突入後は一時8600円まで上昇し、週間での上値ターゲット8630円を伺うところまで上昇した。

さすがに、その後は75MAレベルでの揉み合いとなり引けにかけては押され気味となった。

久々のダブルディストリ形状となり、値幅も180円。

海外情勢の落ち着きが上げに寄与した感じではあるが、まだ欧州問題が片付いたわけでもなくこのまま雲上限(8645円)を突破できるような状況ではないだろう。

25MA+2σが8620円と週間上値ターゲットとほぼ同じで、ここが折り返し点となる可能性は高いと思う。

結局、またいつもの持ち高調整でショートカバーが入っての上げと違うかな?

ということは8600円以上での売りに分があるか。

↑このページのトップヘ