今日の225先物マーケットプロファイル


毎日の225先物マーケットプロファイルをUpしています。
また、 Twitter:https://twitter.com/data_stock
の方で気ままに実況やってますのでこちらもどうぞ御覧ください。

2015年08月


225先物(期近)5分足 : L1503_150824n05.txt

マーケットプロファイル
20150824.png

本日はコメントもクソもないですね。

芸術的な崩れ方を見るだけで清々しいです。

ナイトでも18140円まで売り込まれており、明日は17000円台に入るかな。

明日窓を開ければ3空となります。

TOPIXは今日で4空とか。

やっと買い場到来?

しかし、中国のことだから何があるやら分からんです。


225先物(期近)5分足 : L1503_150821n05.txt

マーケットプロファイル(右側はロングプロファイル)
20150821.png   w20150821.png

大きく2万円を割り込んでのスタートとなった。

25MA-5σ(19630円)レベルで揉み合った後、下にIRブレイク。

ターゲットは19520円。

19500円台での揉み合いの後、ターゲット達成。

後場、週末もあってかターゲットをも割り込んできた。

引け際さらに売り込まれ、ほぼ安値引けで19430円。

これは、 25MA-6σ(19451円)レベルで、週足基準線(19420円)付近。

これだけ下げれば、そろそろとは思うが、中国を筆頭に欧米諸国も全て大幅安。

海外が落ち着かなければどうしようもないか。

ここに来て、北と韓国がきな臭くなってきたし、悪いことは重なるな。

一方、ロングプロファイルを見ると、本日開けた大きな窓が際立つ。

来週はこの窓を埋めに行くというのが妥当では?

しかし、窓を埋めたとしても当面2万円が抵抗ラインになりそうですね。


225先物(期近)5分足 : L1503_150820n05.txt

マーケットプロファイル
20150820.png

続落、何処で下げ止まる?

本日もVAを割り込んでのスタート。

20100円台で揉み合った後、下にIRブレイク。

ターゲットは20030円。

20100円を割り込んだ後切り返し、後場は上昇に転じた。

さらに上にIRブレイクし、一時VA内に食い込んだが、上は25MA-2σ(20242円) まで。

引けが近づくに連れ、再度下を見にいくこととなった。

終了間際下のターゲット達成、どうにか雲上限(20025円)で下げ止まったがそのまま安値圏での引けとなった。

いよいよ2万円割れが近づいてきました。

明日は週末でもあり、売られやすいのでは?

2万円でどれだけ抵抗を見せるでしょうか。
 


225先物(期近)5分足 : L1503_150819n05.txt

マーケットプロファイル
20150819.png

再び中国が。

VAを割り込んで始まった。

この時点で週間IRを下にブレイク。ターゲットは20380円。

20500円を挟んでの様子見だったが、中国市場開始とともに下落開始。

下にIRブレイクで 本日のターゲットは20390円でほぼ週間IRブレイクターゲットと同じ。

25MA-σ(20413円)付近で少しは抵抗を見せたが、ターゲット などあっさりと抜き去ってしまった。

20300円割れまで一気と言う感じ。

25MA-2σ(20274円)を中心とした揉み合いが終盤まで続き、引けにかけては20200円を割る場面も。

引けはどうにか20200円を回復した。

中国が不安定で、またも20000円大台割れが危惧される。

保合いからの下ブレイクだけに、バンドを広げつつ25MA-2σに沿った下落を考えておかなくては。

9月SQに向けて荒れ模様となりそうです。

 


225先物(期近)5分足 : L1503_150818n05.txt

マーケットプロファイル
20150818.png

VA上限から始まる。

50円幅の揉み合い後、上にIRブレイクするも1ティックのみ。

上値の重い状態が続いた後、徐々に値を下げ、今度は下にIRブレイク。 

ターゲットは20560円。

下のターゲット達成後、VA下限を割り込むも下も25MA(20532円)が支えている。

結局はVA内での方向感のない揉み合いが終日続いて引けを迎えた。

週間IR20530-20670円が確定。

このIRをブレイクした時のターゲットは、上が20820円、下が20380円。

上のターゲットは25MA+2σ(20863円)、下は 25MA-σ(20367円)の水準。

この状態で上・下どちらの材料が出るか、それまでは25MAを支持に揉み合い継続かな ?
 

↑このページのトップヘ